デートタイムKnowledge

笑顔のカップル

歩いているカップル

速度を合わせ、車道側を歩く

女性と一緒に歩くとき、男性が車道側を歩くことについて、「いかにも貴方を女の子扱いしています!」という露骨なアプローチに思えて中々実践できないという男性も多いんじゃないでしょうか。 確かにこの風習は元々ヨーロッパの文化なので、道幅が狭い日本では返って危ないときもあり、あまり相応しくない風習のような気もします。

車道

歩く限界時間を把握する

遊園地やアウトドアデートなど、あらかじめある程度歩くことが予想されているデートは別として、ショッピングやとくに当てのないデートの場合は、まず待ち合わせの段階で彼女の足元をチェックしておくと良いと思います。

散歩するカップル

サイト紹介

気になるあの子との距離を深めたい時、大好きな彼女との関係をもっと親密にしたい時、デートはとても重要な役割を果たします。 もう既に両思いの恋人同士であればデートで少しくらい失敗しても大丈夫かもしれませんが、付き合いたいなと思っている女の子とのデートでは失敗は禁物! デートは、電話やメールではわからない人柄が見えるので、まだ付き合うかどうか悩んでいる女の子は貴方のことをよく観察していますよ。 こんな風に聞くと何だか審査されているみたいで緊張するかもしれませんが、 逆にデートが楽しければ、一気に距離が縮まって付き合える可能性がぐんと高くなるんです。 どこへ遊びにいって、どんなお店で食事をするかは、人によって好みが分かれます。 この辺りは彼女のことをよく知って、彼女が喜びそうなところを選んであげるようにしましょう。 でも、どんなデートでも共通して言えるのが「気配り」です。 女性は男性よりも歩幅が小さいので、どうしても歩くのが遅くなってしまいますよね。 ヒールを履いていると更に歩くのも遅くなりますし、長い時間歩くと足も疲れてきます。 でも疲れたから休もう、なんて特に初デートでは女性からは言い出しにくいもの。 些細な気配りがきっとデートを成功させる鍵になります。 このサイトではそういった「気配り」について紹介していきたいと思います。デートの作法を身につけたらあとは関西のメンズエステで男磨きするだけ!肌荒れは男性にとっても天敵ですよ!今すぐサイトをチェック!

デートを成功させるコツを把握しよう

以前付き合っていた男性とのデートは、雑誌に載っている話題のお店や話題の映画、遊園地、水族館など。 別にどれも決して悪いものではありません。 初めのうちは私も好きな人と行く場所はどんなところでも楽しいと感じていましたし、わくわくもドキドキもしていました。 しかし半年くらい立った時に気付いてしまったんです。 「あ、この人マニュアル野郎だな」と。 だって私はそもそも遊園地なんて全然好きじゃないインドア派で、どちらかと言うとゆったりショッピングを楽しんだり、カフェでお茶したり、美術館に行ったり、そういうデートが好きなんです。 もちろん私の趣味ばかりに合わせてもらいたい、ということではないので、彼が提案してくれるところには全ていきましたが、決定的だったのはプレゼント。 半年記念に彼がプレゼントしてくれたのは、キラキラした有名ブランドのピンクのお財布。 私はシンプルな服が好きで、小物も茶色い革ばかり。ピンクのものなんて一切持っていません。 この人半年一緒にいても、「彼女」とのデートを楽しんでるだけで、私自身のことは何も見てくれていないんだな、と思いました。 つまり、デートの成功は決して「世間一般でいう理想のデートを成功させること」ではないんです! 彼女が望まないのであれば、高級レストランも高いプレゼントも意味がありません。 お弁当を持って近所の公園にピクニックだったとしても、それが2人にとって楽しい時間であればそのデートは成功したと言えるでしょう。 彼女と良く話をして、2人で楽しめるデートを計画するのがデートを成功させる一番の近道ですよ。

見つめ合うカップル

マナーを身につける

誕生日や記念日、クリスマスなど2人にとって特別な日はいつもよりちょっとリッチなレストランで食事がしたいですよね。 髪の毛もしっかりセットして、いつもより綺麗目の服、可愛いヒールを履いて、思わず女性側の準備にも熱が入ります。

ビール

ペースを合わせる

以前、彼氏といつも通りショッピングデートをしていた時、そろそろ夕食時だったので適当にお店を選ぶことになりました。 そんな時彼氏が提案したのがちょっと敷居の高いフレンチレストランだった時は、「なんでそこチョイスするかな?」とめちゃめちゃ腹が立ったのを覚えています。

話を聞く

聞き上手になろう

話し上手な男がモテるというのはお笑い芸人しかり、周りを見渡しても周知の事実ですよね。例外はあれど、トークで楽しませてくれる男性にはやはり魅力を感じますし、特に関西の女性ならそのハードルはより高いところにあるでしょう。